整形外科診療所の経営課題解決に特化した情報サイトです

運営元:さんかくけい

ホームページラフ製作の流れ

ホームページラフ製作の特徴について

 さんかくけいでは整形外科診療所に特化したホームページのラフを製作しています。通常業者の方にご依頼すると、基本的な医院が概要を中心に製作することになります。

 その結果、院長先生の負担を減らすことができますが、患者さんに医院の強みを伝えづらくなります。これではホームページの製作の目的を達成できません。

 そのため、医院の強みを抽出する必要があります。しかし、業者の方は整形外科診療所の経営に関して詳しくはないため、どこが強みか分からず、院長先生にヒアリングします。

 ただ、ホームページを見るのは院長先生ではなく、患者さんです。そこで、両方の気持ちを仲介することが必要です。

さんかくけいのホームページラフ製作の流れについて

 さんかくけいでは院長先生の診療を中心とした患者さんからみた医院の強みを訴求します。その流れは以下の通りです。

 ①院長先生へのホームページ製作の目的の確認(例:増患、治療内容の訴求、採用強化等)

 ②院長先生の理念の確認

 ③今後の医院が達成したい理想像、また達成した際の効果の確認

 ④医院概要の定型的ヒアリング

 ⑤医院の強みを探すヒアリング

 ⑥応募者に訴求する医院の強みを探すヒアリング

 後日:

 ①トップページラフのご確認

 ②ホームページデザインの要望の確認(クリニックカラー等)

 ③その他ホームページに関する機能のリクエストの確認(お知らせ等)

 後日:

 ①提携業者によるホームページ製作

 ②さんかくけいによる各ページの製作

 ③院長先生の各ページのご確認

 ④ドメイン・サーバーの設定・移行・運用のご確認

以上が基本的な流れです。製作までは基本的なHPの場合は約3か月の期間が必要です。

 また、ホームページ製作パッケージの内容によっては後日のページの修正・追加もご担当いたします。

ホームページ製作の経営への捉え方

 ホームページに掲載する医院の強みが分からないということは患者さんに医院の強みが伝わらないということでもあります。そのため、ホームページを製作することで医院理念を考える機会になります。そのため、それをスタッフに伝えることで、研修等にも活用できます。

 つまり、ホームページを製作することで、経営を向上するという相乗効果を図ることができます。もし、負担がかかるということは強みを見出しづらいと考えることができます。

 医院の経営が成長すれば、ホームページも成長することになります。伝えたい強みが増えるからです。潜在的な患者さんはその強みからイメージとして医院像を作り上げることになります。

 医院の強みをホームページを通じて、長期的に伝えていきましょう。

signature01

お問い合わせ 無料経営相談 WEBセミナー登録

お悩み別対策