整形外科診療所の経営課題解決に特化した情報サイトです

運営元:さんかくけい

職人と経営者の違い

 院長の経営に対する視点が変わらないと医院は成長しません

 ドクターは自らの診療のスキルを高め、患者さんの疾患を良くしています。そのため、職人の部分が求められます。しかし、整形外科診療所を経営するためには職人以外の部分も必要です。それは経営者としての側面です。経営者の視点がなければ、結局職人に集中できません。

 整形外科診療所における職人の特徴

・技術を高めることに専念したく、誰にも負けない自負がある

・広告を出す必要性は感じない

・経営管理は苦手だが、コントロールを失いたくない

・分院等他のドクターを雇用し、経営を拡大するつもりはない

・スタッフと話すより一人で本をゆっくり読みたい

・頑固と思われる可能性がある

 なぜ職人に集中してしまうのか

・技術を追求することにモチベーションを感じる

・前向きに経営を考えづらいため

・経営の悩みを相談できる人がいない

・友人に経営者より職人が多い

・経営について学ぶ時間や機会がない

・自分の考えをスタッフや患者さんに伝えてくれる翻訳家がいない

 職人だけに集中すると

・技術力を追求しても、患者さんに伝わるとは限らない

・技術力を追求しても、業績が上がるとは限らない

・良い技術が増患につながらないのかと感じるようになる

・患者さんからの技術に関する信頼は高いが、話しづらいと思われる

・職人だけに集中しても、経営が安定せず、頑張っても報われないと感じる

・経営を向上させる方法も分からないため、結局職人に集中しづらくなる

さんかくけいのサポート内容

・最初に経営の問題を想定して、設計します

・院長先生の技術への想いや理念を浸透させます

・院長先生の想いに共感できる心強いスタッフを育成します

・診療に集中できる体制を作るためにスタッフの協力を促します

・経営を考える時間が減るため、職人に集中する時間を確保できます

・診療の負担が減り、技術力を向上させる時間を確保できます

 さんかくけいでは職人に集中し、日々モチベーションを高めて、経営が安定する仕組み作りをサポートします。そのポイントとなるのがスタッフが経営に参画することです。

 職人という整形外科診療所のドクターの長所を伸ばし、経営も安定する「職人集中プログラム」を提供しています。この仕組みにより、職人と経営者をむすびつけ、ドクターとスタッフと患者さんの三方が良くなります。

    事業の専門性   経営アドバイズを導入する目的

signature01

お問い合わせ 無料経営相談 WEBセミナー登録

運営元情報