整形外科診療所の経営課題解決に特化した情報サイトです

運営元:さんかくけい

経営アドバイスを導入する目的

整形外科診療所経営アドバイスに関するご質問にお答えします。

Q.アドバイスはどのように完了するのですか?

 パートナー型の場合、ご訪問月を1ヶ月から2か月など期間を延ばしていきます。これにより、ご提案が現場に定着した、または目標を達成すれば、完了となります。

Q.訪問日以外はどのようにフォローしてもらえますか?

 ご訪問日以外でもメールやお電話、FAX等でご支援させて頂いております。また、院長先生からメールやお電話を頂いた場合、翌日までにご回答しております。さらにアンケート分析やヒアリング分析、ツール作成などご訪問日以外にも稼動しております。

Q.他の先生はどのような点に価値をおいていますか?

 「医院の特性に合わせた実行内容を提案してくれるのがよい」、「○○さんなどスタッフの特性を把握しているため、相談しやすい」というお声をいただいております。

 さらに、スタッフへの伝え方もお伝えするため、実行しやすいというお声もいただいております。女性スタッフは繊細な方が多いため、個別で私からお伝えする場合もございます。

 

経営アドバイスを導入する目的は何ですか?

 経営アドバイスは消費ではなく、投資です。ご訪問時のみ医院が成長するのではなく、それ以外の日にご提案内容に取り組んでいただくことで、医院が成長します。つまり、目的を広く捉える必要があります。

 例えば、旅館とビジネスホテルを比較すると、「眠る」という目的だけなら、どちらでもかまいません。しかし、「日常の疲れをとり、リラックスする」という目的なら旅館を選ぶべきです。これにより、旅行に帰ってからもその効果は継続します。

  院長先生がイメージできることを形にすることだけでは経営アドバイスの投資対効果が低いです。例えば、多くの患者さんを丁寧に診察する一方、診察の負担を減らしたいという目的があります。しかし、それはご自身でも解決することも可能です。

 医院が成長するには新たな取り組みが必要です。新たな取り組みは新たな課題が生まれます。それを解決するためにはスタッフ個人の特性を把握し、スタッフ毎にカスタマイズすることが必要です。それを放置すると潜在的な不満が生まれます。

  そこで、私は院長先生の潜在的な目標を捉え、院長先生が気づかない課題を事前に対処し、新たな取り組みを開始します。これにより、未来が変わるからこそ経営アドバイスの投資対効果が高いのです。

  医院をサポートしていただける方もいると思いますが、スタッフ毎に考える方は普通はいません。なぜなら、それにはご自身の負担と金額の割に合わないからです。しかし、それに応対してこそ、医院が成長します。

  つまり、経営アドバイスの導入を迷うるのは金額が理由ではなく、成長イメージを抱くことができないからではありませんか?

 そのため、成長イメージを明確にするためにも一度経営アドバイスを検討してみてはいかがでしょうか?周りではどなたも導入していないからこそ、導入することで、差別化できます。

 参画経営により、医院の成長の可能性を拡げます。

   職人と経営者の違い   事業の専門性

signature01

お問い合わせ 無料経営相談 WEBセミナー登録

運営元情報